スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風土記の丘ボランティア認定

 紀伊風土記の丘の「体験ボランティア養成講座」に行く。今日が4回シリーズの初日で、勾玉作り。次回以降、埴輪、土笛、土器と続く。参加費は、各回300円の材料費と190円の入館料、合わせて490円X4回。

 この講習会、要するに博物館の普及事業のお手伝い要員確保、ということやね…。子供相手の「ものづくり体験」が対象ということで、一通りものづくりのメニューを経験しておいてね、というのが主眼。勾玉とはどういうものか、といった講義は半時間ほどで、後はひたすら紙ヤスリで石を削る、削る…。いやぁ、けっこうオモシロかった。ちゃんとカタチになるもんだ。もちろん、子供でも出来るようになってるんだけど。材質はちょっと軟らかめの石で、書道の篆刻用のものだそうだ。本物の勾玉もいろんな材料で作られていてあながちこれでもウソというわけでもないんだが…”高級品”はヒスイや水晶なのでな~(^o^;  えっと、一所懸命に削った割には仕上がりはもう一つ。削ってるときにはわかんないもんだね…。磨いてみて初めてアラが見える…。宿題用に1セットもらったので、再チャレンジだな。
 参加者は8名。オバサンと、ジイサン。学生がいなければ、この手のボランティアに出てくるのは、ま、こういう層だろう。ワタシが一番若いくらいか…。30名の募集枠だったんだけど、案外に人気ないな。だいたい、博物館の講座で顔は見知ってる、という人ばかり。ちょっと話を聞いてみると、去年の「見学ボランティア養成講座」も受けた人が多い。平日実施だったのでワタシは受けられなかったんだよなぁ。

 講座が終わって、和歌山県立風土記の丘発行・体験ボランティアの写真付きネームプレートをもらう。たしか、養成講座を全部終えて、見習いを何回かやった後で…のはずだったんだが。で、学芸課長さんの説明によると…ともかく、人手が欲しいんだよ~とのことでした。猫の手も借りたい、と。ニンゲンである以上ネコよりはマシだろうということで「合格」か(^o^;  で、来られるなら明日からでも来てください、といって4~5月分の小学校の校外学習受け入れ予定表をもらう。いろんなプログラムを全部合わせて、のものだけどほぼ毎日ある。多い日は300人近いぞ…(^_^;) 普及事業も博物館の本来業務ではあるんだけど、本職の学芸員だけでこれだけこなそうと思ったら他のことは何にも出来ないだろうな、とは思う。

 名札の裏面が認定証みたいになってるんですが…体験ボランティア仮免許、と。半年くらい先には「仮」が取れるかな(^^ゞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinnrinn7

Author:rinnrinn7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。