スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文具検定の話

 文具知識能力検定を受検する。ネット検定。出題は4択50問で、合格ラインは80%(40問)。制限時間は30分。
http://www.bunbouguyasan.com

 去年も受験して合格証書ももらっているんだけど(受験料は無料だけど合格証書は”買う”形)すっかり忘れてる。文具の知識を…じゃなくて試験のやり方を(^o^;  申し込んだのもギリギリだったが、受験したのもギリギリ。こんなに試験期間が短いとは思わなかった。外から帰ってきて、メールボックスを開けたら催促のメールが来ていて…ヤベぇ、あと1時間で締め切りか!(^_^;) 受験サイトにお勉強コンテンツがあったんだけど、試験期間が始まっちゃうとそこも使えない(当然だが…)。しょうがないからぶっつけ本番で、Go! 

結果は・・・。
「文具知識能力検定第3回 Web本試験でのあなたの試験結果は合格です。正解率88%でした。
合格、おめでとうございます。お疲れ様でした。」
 ということに(^o^)
 択一式なので、知らなくてもそれらしいのを選んでおけばそこそこ当たる、というのはあるんだけど・・・。けっこう、規格の問題は覚えてたな。ホチキス(ステープラーと言わないといけない(^o^))の普通の針が10号、だとか鉛筆の芯、HとFはどちらが硬いか、とか…。ま、個別メーカーの製品に関する問題はからきしダメなので、そういう手の問題が意外と少なかったということもラッキー。

 今年も、有料(3150円)の合格証書を申し込む。既に去年の合格証書を持っているので、コレクション・リストが増えるわけではないんだけどねぇ。この検定は、合格証書申込者の中から抽選で文具券プレゼント、ということになってる。去年は合格証書の代金分が丸々返ってきたので、今年もそれを期待(^^ゞ



本サイト「資格インデックス」はこちらです。
http://h3po4.web.fc2.com/ 
どうぞよろしく。

スポンサーサイト

メンタルヘルスマネジメント検定

 サブイ…。三寒四温で、暖かかったり寒かったりは今頃の気候としては当り前なんだろうが…6度も7度も下がるとやっぱり体感的にはこたえるワ。今年はもうお役御免にしたはずの、足元用の温風器に再度のお勤めが(^_^;)

 今日は、大阪商工会議所のメンタルヘルス・マネジメント検定の合格発表。サイトに行って確認しようと思ったんだけど、出てませんでした(^o^;  あれ? と思って書類を出して確認してみると、4月16日は「合格発表日」ではなくて「試験結果発送予定日」。サイトでの発表はやらないみたいね。ま、明日か週明けには結果が届くんだろうからあせることはないが。一応、セミナー業者の回答速報ではラクラク合格だったし。
 個別の合否発表はなかったけれど、結果データは載っていた。ワタシの受験したIII種(3級にあらず!(^^ゞ)は、受験者1,906、合格者1,605で合格率84,2%。う~ん…受験時の手応えがなさ過ぎだとは思ったけど…落ちたヤツは逆に”選バレシ者”だな(^o^)

 これが新年度の合否発表、一発目なんで…まさかと思うけどやっぱり正式に発表がないと落ち着かないねぇ。



本サイト「資格インデックス」はこちらです。
http://h3po4.web.fc2.com/ 
どうぞよろしく。

赤十字健康生活支援講習・1回目

10日の日記。

 赤十字の講習会に行く。「赤十字健康生活支援講習」の1回目。カリキュラムは2時間X6回の12時間。修了検定があり、検定合格者には「赤十字健康生活支援講習支援員」の認定証が発行されます。この講習会は「赤十字家庭看護法」講習会をリニューアルしたものなんだけど、家庭看護法よりは講習時間が短くなっている。前は、18時間はあったような気が…。はっきり覚えていないし、赤十字のサイトにも古いカリキュラムは残ってないので定かではないけれどね。赤十字関係では数年前から救急法や安全法の講習会もかなり変わってます。

 「赤十字県民大学」として、「健康と病気の講座」(各科の医師が担当の連続講座)と「病気と食物の講座」(栄養士が担当で調理実習が主)と同時開催なので、開会式は会場(看護学校の講堂)に入りきれないくらいの大盛況なんだけど、健康生活支援講習の受講生だけに限ると20人くらいかな…。初回の今日は”健康な高齢者をめざして”というテーマで、まぁ、全体の総論部分だな。メタボ・生活習慣病・高齢者の社会的ひきこもり、あと少し事故の予防と手当てについて。担当は看護師長さん。え~っと…ストレートに言ってしまうと、先生、講義はヘタだな(^o^;  ムダに半疑問形を多用するので聞きづらいのと、一つテーマにケリをつけないまま話が次に移るので…。まぁ、講義が本職ではない人なのでヘタと言い切っちゃうのは酷なような気もするけど。今日のところは講義だけで、実習は次回以降に。たぶん、真価は実習のときに現れるかと(^_^;)
 今日は、資料代として250円。次回は5月8日。

 和歌山県では、赤十字の講座は医療センター(病院)がやってるこれと、他に県支部が担当の救急法・水上安全法(雪上安全法は和歌山県ではやらない)がある。救急法救急員もずいぶん前に失効させてるし、もう一度受け直すかな。



本サイト「資格インデックス」はこちらです。
http://h3po4.web.fc2.com/ 
どうぞよろしく。

土肥温泉通

 新しく無料・郵送方式の(←ここ重要!)ご当地検定を見つけたので、ご報告(^o^)丿
伊豆市観光協会土肥支部土肥温泉通検定委員会主催の「土肥温泉通検定」です。
http://www.toi-annai.com/sinchaku/400PDF.pdf (案内チラシです)

 詳細はリンク先を見てもらえばいいんですけど、PDFファイルを開くのがうっとうしい人のために(ワタシはそうですねぇ(^o^; )要項を書き写しておきます。

【検定の趣旨】開湯400年を記念して土肥温泉をより知ってもらうために「まぶ湯」から、土肥の温泉に関する「挑戦状」として実施するもの。
【受験の仕方】設問に解答し、期日までにPDFファイル内の解答用紙に解答、必要事項を記入して右記観光協会宛に送付または持参。
【解答の提出期間】平成22年4月1日~平成22年5月3日(送付の場合は5月3日消印まで有効)
【正答の発表】5月中旬に伊豆市土肥観光協会HP上で行なう。
【受験資格】不問。【受験料】無料
□20問中15問以上正解で土肥温泉通認定証を送る。
□認定書を授与した方の中から抽選で土肥温泉旅館無料宿泊券をペアで2組にプレゼント。

 出題内容は長くなるのでここには挙げませんが、すがすがしいほどに”土肥温泉オンリー”です。かといって、現地を訪れないと回答不能といった問題はなく(ひょっとしたら1・2問はあるかな。まだ手をつけてないもんで…)20問中15問正解でクリアという合格ラインからしてもそう難しくはないと思います。”土肥温泉「まぶ湯」開湯四百年記念”という冠つきなので、逆に考えるとよほどの集客・PR効果があったと認められない限り単発イベントとなる可能性が高いですね。この機会を逃さず、ぜひ!



本サイト「資格インデックス」はこちらです。
http://h3po4.web.fc2.com/ 
どうぞよろしく。

柔道整復師

読売新聞サイトから。

「備えあれば…女子プロ野球選手が整復師学校入学」
(記事要約)
 23日に開幕する女子プロ野球リーグの「兵庫スイングスマイリーズ」選手15人全員が神戸市の兵庫柔整専門学校に入学する。4日に行われた入学式では、新入生41人を代表してチーム主将の川保麻弥捕手(25)が「将来、指導者になった時には、医療人として選手をサポートしたい」とあいさつ。「勉強は苦手ですが、野球選手と学生生活を両立できるよう、仲間と一緒に頑張りたい」と話した。脱臼やねん挫などを手当てする柔道整復師の資格取得を目指しており、現役引退後の生活設計や、シーズン中の体調の自己管理に役立てるのが狙いという。
 リーグを運営する「日本女子プロ野球機構」は、引退後の生活に困らないよう「セカンドキャリアの構築」を理念に掲げており、選手は練習や試合をこなしつつ、3年間通学し勉強する。
(2010年4月4日18時25分 読売新聞)


 柔道整復師会のサイトに合格率が発表されており、それによれば昨年の合格率は70.3%。(新卒のみに限れば84.4%) 長期の養成課程を修了しないと受けられない資格にしては、けっこう難しいよ。医師試験が89.2%だからそれよりもキビシイ(^_^;) 兵庫柔整専門学校って、出来たばかりでまだ卒業生を出してないようなところだしねぇ。それに、ディスカウントがないとしてだけど3年間の学納金が430万円(実習用具代や教科書代は別)もかかる。
 夜間部に通うことになるんだろうけど、一番の問題は仕事(野球。もちろん練習を含めて)に打ち込むヒマがない、ということだろうな。ちょっと調べてみたら、3年通って要卒85単位。しかもその内に実技実習が16単位必要だ。(これは養成課程として認められるための「最低基準」として) 資格試験がからむので、欠席が多くても先生の裁量でOKを出すというわけにもいかないだろうし。

 同じ野球の「関西独立リーグ」は経済的に頓挫、選手に約束した月給20万円も支払えなくなった。(運営会社を替えて再スタートしてます) チームが負担するにせよリーグ運営会社がかぶるにせよ、選手にそんなにカネをかけられますかねぇ…。スポーツ選手のセカンドキャリアを考える、という趣旨はすばらしいので、うまくいって欲しいもんですが。
プロフィール

rinnrinn7

Author:rinnrinn7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。